冷え症について~自律神経と骨盤と冷えの関係~

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 17, 2018/ 冷え/

冷え性について

冷え性に悩まされている方は本当に多いです。
特に女性が多いのですが、男性の冷え症も目立ちます。
ズバリ!血液の流れが悪くなって起こる血流不全が考えられます。
では、どうして血流不全が起きるのか?
どうして冷えってなかなか良くならないのか?
しっかり解説していきますね!

冷えって何?

まずはじめに、冷え性と体温の関係性はありません。
冷え性だからといって体温が低いわけでもありません。

男性に比べて女性の方が圧倒的に多い理由は、
男性に比べて筋肉量が少ないこと。なぜなら筋肉が熱を作ります。
筋肉量が少ないということは、
筋ポンプによって血液を循環させる力も弱いということです。

ですから、男性に比べて女性の方が冷え性といわれる症状が多いです。

冷えというのは、カラダのバランスを保つことや
生命を維持するうえで大切な反応です。
大切というより、
末端を冷えさせることによってカラダの中心を温めています。

中心を温めるために、冷えが起こっています。

夏に冷え性がきつくなるのは冷房や食生活の崩れ、
冷たいものを飲み過ぎるなど、内臓の冷えによることも考えられます。

冷え性が引き起こす病気

冷え症状が続くと様々な症状を引き起こします。

自律神経の乱れ

不眠

頭痛

首・肩こり

イライラ

免疫力の低下

胃腸の不調

肌のトラブル

生理痛・生理不順

婦人科系の疾患

など、多岐にわたります。ですから、
冷えを放ったらかしにするのは良くありません。

冷え性になる原因

血流の滞りが考えられます。
血流が滞ると筋肉はもちろん、内臓の血液循環にも影響が出ます。
コリや緊張の原因にもなりますし、自律神経を乱す原因にもなります。

まさに冷えは万病の元ですね。

内臓が冷える、循環が悪くなる原因は
冷たいものの過剰摂取や糖質の取りすぎ、睡眠不足、
様々なストレスによるもの、過去の内臓へのケガなど、です。

冷え症と自律神経

冷えにより自律神経が乱れるのはよく知られていることです。
自律神経が乱れるということは、自律神経症状が現れます。
自律神経の症状はこちらを参考にしてください→詳細:自律神経について

そうなると、一筋縄ではいきません。
ダメージは徐々に蓄積されて、気づいた時には大きなダメージとなります。

特に女性は、婦人科系の疾患を併発する場合も考えられます。
多いのは、きつい生理痛・生理不順を訴える方は冷え症をお持ちです。
冷え性をしっかり良くすることで、生理痛も軽減できますし、
同時に自律神経をととのえることにもつながります。

冷え性と姿勢・骨盤の歪み

骨盤の歪みにより、骨盤内の血流の循環も悪くなります。
骨盤を整えるためには、姿勢から整えていくことが必要になります。
姿勢を整えて、呼吸がしやすい環境に持っていってあげることが非常に重要になります。

どうすればいいの?(対策)

当院にできること

当院ではできること。
ひとつは、姿勢・骨盤を整えることにより呼吸力を上げていきます。
もうひとつは、自律神経を整えて交感神経を抑制させることです。

姿勢を整えて、最小のエネルギーで過ごせるようにします。
そうすることで、筋肉にかかる負荷を軽減させて、
より筋肉を活性化させて血流をの流れを良くしていきます。


塚口・武庫之荘・園田・立花・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら

尼崎塚口の整体HARPOのTOPページはこちら

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

LINEで予約
toppage_parts10