【産後の骨盤矯正・産後整体】


img_2610

産後の骨盤矯正は、産後2ヶ月~6ヶ月の間の4ヶ月間が有効です。
出産時に緩んだ骨盤は、産後3~6ヶ月ぐらいかけて元の状態に戻ると言われています。
しかし、それは出産したからではなく、妊娠以前の生活習慣や癖などからの歪みにより、
バランスが崩れてしまっていることも考えられます。やはり蓄積された状態が影響します。

ですので、この緩んでいる時期にしっかり調整してあげることがとても大切です。

※産後の不調について知っておきたいこと!⇩
img_2769
※産後のママのきもちについて、ぜひお読みください⇩
img_2612
※ 骨盤の仕組み、矯正について詳しくはこちら⇩
img_2770


産後どのぐらいから骨盤矯正や整体をうければいいの?
上記では産後2カ月~6カ月と表記していますが、これは一般的にはということです。
当院の考える時期というのは、「お母さんが来れるタイミング」でいいと思っています。
これは正直にそう思っています。すぐに自分のカラダに意識を向けることなんて不可能ですし

出産後は、カラダもココロも安静にしておかなければならない時期もあります。
さらに出産後すぐ育児がスタートします。時間もココロの余裕もありません。ですから・・・

休める時はしっかり休んで、「心の余裕」を持って施術を受けに来て頂きたいと思っております。
無理をすれば余計に悪化する可能性もありますので、『心のタイミング』が大切です。


産後の骨盤について説明させていただきますね。
出産後は骨盤が開くようになります。産後の骨盤は
出産時に赤ちゃんが通る産道を広げるために、骨盤の関節や恥骨の間の関節や、

それらを保護している靭帯が緩んでいきます。放っておいてもある程度は戻りますが、
出産前の状態には戻りにくく、お尻が大きくなった、腰痛がひどくなった、体調が悪い・・・
など、実際に体験している方の話はよく聞くのではないでしょうか?
産後の骨盤をしっかりケアしないと、様々な症状を引き起こすことになります。
当院にも沢山の産後のママが来院されます。その中で聞いた話や実際症状を見ていく中で感ることです。


産後、こんな症状でお困りではないですか?

肩こり、腰痛がひどくなって辛い
様々な関節の痛みを感じるようになった
なかなか体重が戻らない
授乳の時、とにかくだるさを感じてしまう
肩から首にかけてしびれることがある
腰から足にかけてしびれることがある
股関節が痛む、または何か違和感を感じてしまう
出産後、尿漏れするようになった
なんだか骨盤の安定が悪い気がする
出産前より手足がむくんだり、冷えるようになった
なかなか寝付けなくなった
なぜかイライラしてしまう

などなど、産後、お母さんに起こるカラダの症状は多種多様で人によって違います。
それだけ出産前と出産後のカラダの環境が変化してしまうということです。



産後の骨盤矯正って何?

その前にまず、知っておいてほしいこと。
妊娠すると「リラキシン」という全身の靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。
簡単に言うと骨盤を安定させているベルトが緩んで不安定になる状態です。
このホルモンが分泌するおかげで、スムーズに出産できるんです。
ですが、出産後もこのホルモンの影響で骨盤も緩んでしまうんですね。
そして、お母さんはそのまま育児に入ります。日々の育児に追われ生活してく中で、
無意識にストレスを与えてしまい、気が付いた時には様々な症状を抱え込んでしまいます。


妊娠中、お母さんの骨盤は前傾になっています。反り腰の状態!

おなかに大きな赤ちゃんがいるので、お母さんのカラダは重心を保とうとします。
そうすると、普段重力を分散するためにある背骨のS字カーブも崩れてしまいます。
そのせいで様々な関節や筋肉に負担がかかり、それが痛みやだるさへと繋がっていきます。
それは妊娠中のことだけではなく、出産後も継続されます。
だって、十日十日という長い期間がんばっているんですから。クセづいてしまって当然です。

注目してほしいのがここからです。骨盤の底には骨盤底筋という筋肉群があります。
女性にとってすごく大切な筋肉です。妊娠・出産によりダメージを受けるのが骨盤底筋群です。
女性は加齢によるホルモンバランスの関係で緩みやすくなります。骨盤底筋が緩むことで、
肛門や膣、尿道が開いたままになったり締まりにくくなります。そこにくしゃみなどで腹圧がかかると、
尿漏れやひどい場合は子宮脱などが起こります。また、ぎっくり腰も起こしやすくなります。
骨盤底筋の状態を整えてあげること、セルフケアで調整してあげること、
この2点がとっても大切になってきます。しっかり整えることが当院の整体の目的です。

産後の骨盤底筋群の状態を改善すれば、下腹ポッコリや尿漏れ、生理不順、不妊、
不安感や不安定さなどの様々な不調から改善されます。O脚の予防・改善にも繋がります。骨盤底筋について


骨盤が歪む…
もちろん日頃の生活習慣で歪んでしまったり、

制限されたり、それによって様々な不調を引き起こすことが多いです。

でも、考えてみてください。人間って左右対称ではないんですよ!
それは内臓の位置関係などを考えてもらえれば解りやすいです。
左寄りには心臓、胃、膵臓、右寄りには肝臓や盲腸があります。
内臓は左右で位置も違えば、構造も重さも違います。

もともと骨の長さも人それぞれ左右違っている場合も多いです。
きっちり左右対称!という方が少ないと考えています。

骨盤の捻じれやカラダの捻じれは内臓の位置関係や状態によっても影響されるのです。
そして、普段の生活習慣や仕事での姿勢、癖、それらが組み合わさって、
今の歪みを起こしているのです。
この重力下で生活している限り、
左右対称にきれいに整うことなんてありえないと考えています。

その人にあった歪み、自然に動ける自然な姿勢というものがあります。
それが崩れた場合に様々な症状がサインとして出てくるのだと思っています。

ですので、当院ではあなたが本来持っている
自然な姿勢と関節の可動域に注目して施術を行います。

動きにくいものを動きやすく、崩れているものを元の場所へ、
動きの中で正しい自然の位置に戻していくことが重要。

ですから、左右対称になった!というのは逆に・・・
余計に不自然な状態を作っているのかもしれません。

そうすると、よりいっそう筋肉も関節もアンバランスを感じて、ストレスを感じてしまいます。


toppage_parts10