【更年期障害について】

更年期障害とは、自律神経失調症のひとつの症状です。
まず、このチェック表をご覧ください。

cheak2

どうでしたか?

更年期とは、卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌が減少し、閉経を迎えるまでの前後の期間。
更年期が始まる時期には個人差がありますが、おおよそ45~55歳ぐらいといわれています。
更年期を迎える時期には、卵巣の機能が衰え卵巣から分泌されている女性ホルモンの量が減少します。
そうすると自律神経が乱れていき、様々な症状が生じてきます。
上の表でもわかる通り、自律神経が乱れた時の症状と同じです。

ですから、自律神経を調整していくことが大切です。
そのために 当院では全身の筋肉や歪みを整えて呼吸を整えていきます。
すこしでも生活が楽になるように心を込めて施術していきます。