【呼吸について】

息を吐いて、吸って、全身に血液を巡らせて、日々生活しています。
『息』という漢字を観察してみてください。自らの心と書きます。

そうです、『息』の状態はココロとカラダの繋がりにとても大切です。
呼吸というのは、外の世界とカラダの内の世界を繋ぐものでもあります。
浅く速い呼吸は緊張していたり、興奮していたり、不安になっていたり・・・
深く遅い呼吸はリラックスしていたり、自分の内面に意識できたり・・・
様々ですが、息は『いまのあなた』のココロの状態、カラダの状態を表してくれます。

あなたの日常生活を少し振り返ってみてください。

パソコンをしているとき
読書をしているとき
物書きをしているとき
歩いているとき
座っているとき
立っているとき
寝ているとき
イライラしているとき
悩んでいるとき
考え事をしているとき
電話やメールをしているとき

ついつい力が入っていませんか? 無意識に呼吸を止めていませんか?
こういった普段の何気ない場面で呼吸は浅くなるクセがあります。
何かするとき、力が入ってしまいます。これは無意識の中でのクセですね。
他にも呼吸は、いろんな場面、状況でとっても変化しています。
そしてココロとカラダにも深くかかわっているんですよ。

ここでは自律神経との関係を書いていきます。
呼吸は自律神経とも切っては切れない関係です。→自律神経について
当たり前ですよね、呼吸は寝ていても活動しています。

これは自律神経がコントロールしているからです。
内臓の動きや汗、唾液などもすべて自律神経がコントロールしています。

しかし、その中でも呼吸だけは違います。
呼吸は自分でコントロールできますよね?
意識的に呼吸の深さ・速さを調整できます。
ですから、自律神経コントロールの中で
唯一自分で意識的にコントロールできるのです。
呼吸が狂うと自律神経にも影響を及ぼしますし、
自律神経が乱れると呼吸にも影響します。
呼吸と自律神経の繋がりの大切さがわかりますよね!

呼吸ってもうひとつ存在することをご存知でしょうか?
そのことを第一次呼吸といいます。
私たちが普段意識的・無意識的に行っている呼吸は肺呼吸です。

これを第二次呼吸といいます。

では、この二通りの呼吸について詳しく見ていきましょう!

第一次呼吸

第二次呼吸


塚口・武庫之荘・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら
尼崎塚口の整体HARPO

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

LINE予約はこちら↓
【サイズ中】toku3_m
メールでの予約はこちらから↓
toppage_parts10