首のコリ~自律神経と首の痛み・ダルさ・コリ~

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 17, 2018/ 首こり/

【首コリについて】

昨今、肩こりに次いで首のコリを訴える方が非常に増加しています。
デスクワークを始め、首への過度な緊張を与えている環境を創っています。

図を見てもわかるように、首の周辺には細かい筋肉や神経、血管、リンパが通ります
とてもとても入り乱れ混雑しやすい場所です。脳へ血流を送る経路もあります。
ですから、首コリは脳へのストレスにも多大な影響を与えます。

肉体レベルのも、精神的なもの、考えられる要因はたくさんあります。
このページでは首コリや諸々の関係について深く掘り下げていきましょう。

首コリの原因

当院が首コリの原因を考えた時に必ず言えることが2つあります。
それは姿勢不良が起こすもの、自律神経が関係しているもの。
これら2つの要因が血流不足を引き起こし、筋・筋膜を緊張させ
悪循環に陥り、しぶとい首コリを発生させていると考えています。

首は見てもわかる通り、頭を乗せています。
頭の中には脳があります。首のねじれや無理な姿勢になると頭の位置が不安定になります。
脳はそれだけでストレスを感じます。
そうすると首への負荷がかかり、さらに筋肉は緊張します。
ガチッと固めることで安定させようとする、人間の代償作用が働きます。

頭の重さはボーリングの球程度といわれ、5-6キロあります。
れほどの重さを細い首でがっちり守ってくれていますし、支えています。
棒にリンゴ刺しているイメージをしてください。
リンゴを刺して下から支えるように持つと、それほど重さは感じません。
ですが、すこし斜めにしていくとリンゴの重さが際立ってきます。
下から支えている腕にかなりの負担がかかってきます。
そんな状況を作っているのが、姿勢不良の状態です。

たとえば、デスクワークでパソコン作業をしている姿勢はどうでしょう?
首猫背のように、前のめりになります。
そうすると、首への負担、首の筋肉の過緊張に繋がります。

首はカラダの上に乗っかっているというイメージです。
しっかり乗っかることで最小のエネルギーで過ごすことができます。
それが姿勢不良により消失されます。

首の形状

人間の背骨は重力を分散するためにS字カーブを描いていあmす。
これが生理的湾曲と言われている人間の自然の構造です。

首にフォーカスしてみてんると、首は少し前に沿った構造です。
この沿った構造が失われたときに、重力をうまく分散できずに
筋肉や靭帯に過剰な負荷をかけてしまう原因になります。

女性に多いのがストレートネックという構造。
このS字カーブが消失された構造になります。
症状の所で詳しく説明しますが、こういった構造的に見てみると
なぜ、首コリがひどいのかがわかってきます。

首は筋肉の影響、疲労、自律神経の影響も受け続けます。
さらには目からの影響も大いに受けますので
眼精疲労がひどい人も首コリの人が多いですよ。

首の症状

首に関する症状です。

寝違え

何度か経験された方も多いのではないでしょうか?
朝目が覚めると、首が動かない・・・一日中辛い思いをしながら過ごすことになります。
この寝違えは非常に厄介ですよね。

原因は諸説ありますが。
「炎症」している状態です。
日々の疲労が蓄積したうえに変な寝方をした時。首周辺の筋肉が冷えて筋肉の過緊張を起こした時。
液下リンパ(脇)が何かしらの理由で圧迫され続けた時、激しい運動による首への過剰負荷・・・など。
理由は色々ありますが、寝違え担った場合、頸ばかり施術してもいい効果は得られません。
腕からの関係性、液下リンパや周辺神経の解放、その他関連筋肉や関節をしっかり調整していく必要があります。

ストレートネック

多きは女性に見られるとのことですが、当院では男性の方も多いです。
本来首の骨は生理的湾曲により、若干沿った形状をしています。
この形状がほとんど見られない場合、病院ではストレートネックと診断される場合が多いです。

頸椎ヘルニア

 

むち打ち

 

首コリと自律神経

対策

当院にできること