呼吸と自律神経~第一次呼吸と第二次呼吸について~

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 12, 2018/ 呼吸/

【呼吸について】

普段当たり前のように行っている呼吸。
改めてあなた自身の呼吸を考えたことはありますか?

呼吸はココロとカラダを整えるためにとても重要な役割を果たしています。
浅い呼吸、深い呼吸、無意識下で行われる呼吸、呼吸の表情も様々です。

呼吸をしっかり行うことで、体液循環を促進させ、自己調整力を上げます。
さらに呼吸は自律神経とも密接な関係です、というより、無意識で活動する
自律神経の働きの中で、唯一あなた自身がコントロールできるのが呼吸です。

我々は呼吸によって生かされています。
呼吸を変えると、ココロとカラダは変化します。

それぐらいあなたにとって、日常にとってかけがえのないものです。
今一度、呼吸について、考えて、意識してみてください。
こもページでは「呼吸」について詳しく説明していきますね!

呼吸は無意識に行われる自然の摂理です。
普段、あなたがピンとくる呼吸は第二次呼吸です。肺呼吸ですね。
ですが、呼吸はそれだけではありません。
胎児の頃から行っている第一次呼吸というものもあります。

【第一次呼吸】

第一次呼吸、または第一呼吸システムとも言います。
簡単にいうとこれは脳脊髄液の循環に関与しています。
あまり馴染みがないですよね、でもとっても大切な呼吸です。
あなたが外の世界に出てくる前から行っている呼吸、
胎児の頃から行われているのが第一次呼吸となります。

脳脊髄液は脳から仙骨(お尻の後ろにある骨)というところまで流れます。
そして、硬膜というものがあって、それは頭蓋(あたま)から仙骨までつながってます。

硬膜は頭蓋を通じて仙骨までつながっています。
脳せき髄液は頭蓋と仙骨が共同して動き、そのリズムによって循環しています。
この連動システムがうまくいかなくなると、免疫や様々な症状を引き起こしていきます。

8aaed364593d2b9ee6342ea1e7f6423a

【脳脊髄液ってなに?】

このあまり馴染みのない脳脊髄液の役割・・・
まず第一に衝撃に対して脳を守る役目があります。
市場に売っている豆腐のパックを思い出してください。
パックの中で水に浮いている豆腐をイメージするとわかりやすいかもしれません。
そして、役割は脳への水分補給、神経の新陳代謝、ホルモンの運搬に関わっていて
とーーーーっても大事な役割を担っているのがわかってもらえるかと思います。

脳脊髄液のスムーズな循環は
頭蓋のゆがみや硬膜のねじれ、骨盤のゆがみ(仙骨)によりスムーズに行かなくなるといわれいます。
そうすると、脳脊髄液の役割にトラブルが発生します。様々な症状の原因となります。

では、当院で第一呼吸を整えるためにどんなことをするのか、以下からお読みください。

あたまの歪みにつて→頭蓋の歪み
骨盤の歪みについて→骨盤矯正


当院は、第一次呼吸を整えるために、
頭蓋の歪み、骨盤のゆがみをそれらに関係している筋肉の緊張を調整し整えていきます。
とてもソフトな整体なので、安心して受けていただくことができます。

【第二次呼吸について】

これは、普段私たちがしている肺呼吸のことです。
一番馴染みがあるにもかかわらず、ないがしろにしがちです。
あなたの呼吸は今、浅いですか?深く深呼吸することができますか?

現代はストレス社会です。
様々な環境でのストレスにより、無意識に呼吸は浅くなります。
呼吸が浅くなるとカラダへのエネルギーが弱くなる、とも言えます。
東洋医学でも呼吸はとても神聖なものとして扱われています。
西洋医学にしても、病の根本は冷えや自律神経の乱れと言われていますが
それをしっかりコントロールできるものが呼吸といっても過言はありません。

さて、肺呼吸の仕組みってわかりますか?
呼吸は24時間休まることなく、酸素を送り、二酸化炭素を排出しています。

頭の後ろに延髄というところがあります。そこに呼吸中枢があります。
無意識的な呼吸はそこで自動的にコントロールされています。

『吐く』と『吸う』は横隔膜と呼吸筋によって切り替えられます。
ですから、この横隔膜と呼吸筋の動きや可動性ってとても大切なんですよ!
呼吸が浅い人は、この筋肉が硬いことが多いです。
少し調整してあげるだけでも、呼吸は深くなります。

横隔膜は骨盤低筋群とも連動して動きます。
それによって呼吸力を高め、内臓の位置や状態を安定させます。
女性は呼吸力が弱いため、内臓下垂になる人も多いです。

呼吸力が弱いということは、呼吸に関係している大きな筋肉や
インナーマッスルと家在れる深層の筋肉が弱いということです。
ですから、呼吸力を上げるためのはしっかりセルフケアすることも必須です。

そして、呼吸は全身に血液やリンパを巡らせる働きがあります。
呼吸が浅い方は呼吸のポンプ作用も弱く全身の循環も悪くなってしまいます。

特にリンパは自力で循環するシステムが備わっていません。
リンパの流れを良くするためには、しっかり呼吸できるかどうかが重要です。

呼吸を整えることで、全身の体液循環を促せます。
自分で呼吸法をトレーニングすることや
整体などによって呼吸を整えてもらうことはとっても大切なことなんですよ。

当院では横隔膜や肋骨の動きだけではなく
骨盤隔膜のバランスもしっかり調整していきます。
そうすることによってより深く呼吸を安定させることができます。

【自律神経と呼吸】

呼吸は自律神経とも密接な関係を築いています。
たとえば、緊張しているとき、呼吸は浅くなりますよね。
反対にリラックスしているとき、呼吸は深くなります。

自律神経のページでもお伝えしているように
現代はストレス社会で、緊張状態の方が多いです。

ということは、呼吸は常に浅い状態です。
呼吸を整えるということは自律神経を整えるということ。
自律神経を整えるということは呼吸を整えるということ。
そうすることで、体液の循環を促進させ、あなたに備わる自然治癒力のスイッチが作動します。
回復のためにはどちらを、ということではなく、どちらも整えていく必要があります。

【息という字】

息、という漢字を観察してみてください。
自らの心と書きますよね。

読んで字のごとく、呼吸、
すなわち息をすることは自分の心を表してくれます。
日々の忙しさで余裕のない人は、呼吸が浅いのかもしれません。
なにかしらの悩みによって緊張し、呼吸が浅くなっているかもしれません。

呼吸はあなたの状態を教えてくれるサインです。
ふと立ち止まって、あなたの呼吸を感じてみてください。
いま、どんな呼吸をしていますか?

【当院にできること】

当院は自律神経の調整を主として呼吸力を高めることに力を入れています。
骨盤を整えるのも、自律神経を整えるのも、呼吸力を高めていきたいからです。

骨盤、肋骨、骨盤底筋、横隔膜、頭蓋調整などを用いて調整していきます。
東洋医学的観点での調整も行います。呼吸を高めることは
あなたの「気」のめぐりを良くすることでもあります。
トータルでカラダとココロを整えていくと、必ずいい状態になります。

当院は部分的な痛みの除去はもちろん
あなたが持つエネルギーを高めていく
その環境作りのお手伝いをさせて頂きます!


尼崎・塚口・武庫之荘・園田・立花・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら

尼崎塚口の整体HARPOのTOPページはこちら

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

LINEで予約
toppage_parts10