自律神経について(交感神経と副交感神経)

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 12, 2018/ 自律神経のこと/

【自律神経について~交感神経と副交感神経~】

自律神経失調症、自律神経が乱れている

よく耳にしませんか?
この病名をお医者さんから言われている方は結構多いのではないでしょうか。
なんとなく漠然としているし、症状もはっきりと表現するのは難しい…ですよね。
多くの方が悩まされているのも事実です。

ここで知っておいてほしいこと!
例えば、肩こり、冷え症、便秘、胃腸の不調、イライラ、不眠など一般的に良く感じやすく、
よくある症状、 実はこれらは全て自律神経の症状なのです。関係してるんです!
自律神経というのは、筋肉を動かすみたいに意識的にコントロールできるものではありません。
内臓の動き、呼吸、熱くなったら汗をかく、排便、眠くなるなど
人間が生活する上での基本的な活動を無意識に自己調整してくれています。

交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれが違う働きをしています。
交感神経は緊張や興奮などに働く神経で、副交感神経はリラックスしている時に働く神経です。

表にしてみると、こんな感じです。

IMG_0896

これらの活動がすべてではないですが、
これだけみても生きるためにとても重要な役割を担っていることわかりますよね。
これらはすべて自分ではコントロールできないものです。

交感神経について

交感神経とは、簡単に言うと「覚醒」じょうたいのことです。普段、我々が朝起きて、
仕事に向かい、緊張感を持って過ごしています。この時、働いてくれているのが交感神経です。

交感神経が緊張することで、心拍が上がり、血管の収縮、胃腸の抑制、
免疫の顆粒球の増加、精神面では興奮、などがあります。まさに覚醒している状態です。

この交感神経は様々なものを支配していますが、単独で支配しているものがあります。

それが「血管」です。交感神経が緊張することで血管収縮します。
ということは、トーンダウンできずに緊張状態が続くと、血管は収縮されたまま。

血流不良を引き起こし、筋肉は緊張し、疲労物質が溜まります。
ですから、自律神経の調整では、交感神経の抑制を主に狙って施術していきます。

副交感神経について

副交感神経は「睡眠」に関係しています。副交感神経が活性されることで心拍は緩み、
胃腸の動きは促進され、リンパ球を増加させたり、リラックスする状態を作ります。

リラックス状態を作るからと行って、
副交感神経が活性しすぎるとアレルギー反応が起こります。アトピーなどです。
交感神経と副交感神経のどちらが優位ということではなく、バランスを整えることが重要です。

ストレスについて

ストレスが溜まると、自律神経が乱れてしまう。。。
というようなこも、よく聞きますがストレスって精神的なものだけではありません。

精神的ストレス構造的なストレス、温度・湿度によるストレスなど
ストレスを感じる要素は日常の中で至る所にあります。

なかなか気づかないストレスもあれば、
ダイレクトにカラダに反応を起こすストレスもあります。
それらのサインをしっかり受け取ることが大切です。

今一度、自分のカラダの声を聞いて向き合ってください。

きっとなにかしらのサインを出してくれているはずです。

自律神経の働きが悪くなると何が怖いのか

それは病気から身を守ってくれる「白血球」の働き、免疫力が低下することです。
免疫力が低下すると、生活習慣病など様々な病気に掛かります。
ですから、自律神経を調整していくことが、とても大切なことになってくるのです。

ココロに起きる刺激や環境も、自律神経を通してし内臓や筋肉などに影響します。
ココロとカラダを繋いでいる大切なことなのです。
自律神経の不調は、生活リズムや生活習慣を定期的に見直しながら
「規則正しく整えていくことがとても大切な要素」になります。

施術方法

 

当院が行う施術方法として
頭蓋骨と骨盤の調整、筋肉や内臓の調整などを用います。
全身のリンパの流れを良くして、自律神経の働きを良くして治していきます。
それらの施術はカラダにとっても負担のないとても優しい刺激です。
細心の注意払いながらあなたのカラダにアプローチしていきます。

頭蓋矯正について

骨盤底筋について


塚口・武庫之荘・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら

尼崎塚口の整体HARPOのTOPページはこちら

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

LINEで予約
toppage_parts10