骨盤底筋について~骨盤底筋と歪みの関係~

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 12, 2018/ ハーポのこと/

骨盤底筋について

index

骨盤のゆがみには「骨盤底筋」の存在が大きく関わっています。
ですから左右の足の長さを比べてどちらが短い長いというのはあまり当てになりません。
骨盤底筋?あまりなじみのない言葉ですよね、では図を見てみましょう。
図を見てみるとなんとなくイメージしやすいかと思います。

骨盤の歪む主な原因は長年の生活習慣の中でストレスがかかり、
骨盤の中にある「骨盤底筋」のアンバランスが生じ、そして、
骨盤の外にある筋肉群、靭帯のアンバランスな緊張によるものです。
骨盤のゆがみは仙腸関節のズレ。なんてこともよく聞きます。
実際には仙腸関節がズレるのではなく、動きに制限がかかり関節の動きが悪くなるのです。
関節は筋肉の作用で動きます。周辺の筋肉の緊張が強いと関節はスムーズに動くことができません。
ですので、骨盤の中にある筋肉と外にある筋肉のバランスがしっかりとれた状態で矯正することが大切です。

ボキボキ関節を無理やり矯正して、足の長さが揃いました!
これはほとんど意味がありません。人間は左右対称に見えて、左右対称ではありません。
右には肝臓、左には胃があり、さらに効き目、利き手、利き足、左右対称なわけがありません。
これを無理やり対称に戻そうと無理をすると、余計に動きに制限をかけてしまうことになります。
当院では、骨盤の歪みの見立ては外見上の歪みではなく仙腸関節の左右の動きの差を診て施術していきます。

無理やり矯正するのではなく、ソフトな刺激で筋肉を緩めていきます。
さらに骨盤の歪みにとって重要な骨盤底筋を緩めてバランスを整えていきます。


骨盤が歪むと、なぜ体調が悪くなるの?

骨盤がズレると、自然と他での代償作用が起きます。
土台の骨盤がズレる→背骨が歪みます→結果周辺の筋肉も緊張して様々な不調をもたらします。
そしてズレと同時に生じる、骨盤が開く現象。骨盤が開いてしまうと、内蔵が下垂してきます。
そうすると組織は圧迫されて内臓の調子も悪くなります。たとえば、女性なら内臓下垂により
子宮が圧迫されて、血液循環が悪くなってひどい生理痛などが生じてしまうのです。
これらが重なり合って、骨盤が歪むことにより起きる体調不良の主な原因です。
骨盤の歪みだけにフォーカスしていてはダメです。全身から考えた骨盤矯正が大切です。

足からの影響、股関節からの影響、腕からの影響、筋肉からの影響、
胃腸からの影響など、たくさんの影響下のもと結果として骨盤は歪んでいきます。


☆骨盤の仕組み・矯正について詳しくはこちら↓
img_2770


塚口・武庫之荘・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら

尼崎塚口の整体HARPO

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

LINEで予約
toppage_parts10