回想録

尼崎塚口の整体ハーポ/ 8月 28, 2017/ ハーポのこと/

この業界にはテクニックやマーケティングに関するセミナーが星の数ほどある。自分に足りていないものを知るため、あるいは総合的なレベルアップのため、人間磨きのため、その他色んな理由やタイミングや縁がある中、大前提として『この人から!』ていう嗅覚を最大限に研ぎ澄ますようにしている。12,3年のキャリアの中で僕自身が本格的に継続して教わっているのは3人の先生。思うに、学びたいと思った人から、その通り直接学べているのは幸運なことなのかもしれない。数年前に作ったオレノートにも書いてたからね、いつかこの人達から学ぶって。叶うもんだ。笑


先日、受講生のみで練習会を行った。こういう試みは初めての経験。面白かったのが受講生によって捉え方や感じ方が多少違う。ちょびっと自分スパイスをかけてたりしてんだよな。違っている感覚も面白いけど、もう一度、その時その日あの感覚のことを思い出して、しっかり確認する!フィードバックしてもらう!これ、とっても大切な作業。あとは色んな話もできたしね。セミナーに参加する際、僕はそのまんまを受け取ることを意識している。先生のフォームやスピード感、動かし方、所作などをこれでもか!と観察して目に焼き付けるようにしている。学んだその瞬間に質問したいことはあんまりないし、参加するときには真っ白にして受けています、そのまんまを感じ取りたいから。それはこの先も変わらない。自分、不器用ですから・・・。


ただ無意味に集まって不平不満をグチグチ・ベラベラと話すことほど無駄で無意味な時間はない。傷のなめ合いになってたまるかっての!そんな負の空間にいると気持ちも表情も老けてしまう。今回の集まりはそんな会話は一切なく、上手くなりたい、自分の技の感覚を感じてもらいたい、確認したい、そういうエネルギーでムンムンでした。技も人間も磨いて、でもってジブンが楽しむことを忘れずに、もっと多くの人に喜んでもらう。みんな根本はそこんとこを目指しているので、とても実りのあるGOODな時間でした。終わったらスッと帰りましたから、みんな。笑