ワークショップvol,2

尼崎塚口の整体ハーポ/ 8月 1, 2017/ ハーポのこと/

日曜日は2回目のワークショップでした。1回目は「立つ」ことにフォーカスしました。今回は「冷え」を考察していくことに。2時間という限られた短い時間の中でも、しっかり大切なことをお伝えしていきました。

冷えは万病の元と言われるほどに怖いもの。病の入口、なんて言葉で置き換えられることもできる。普段、当たり前のように感じている症状なだけに、諦めている人が多い。冷えには様々な種類がある。自分がどの冷えに該当するのかを考えてもらい、普段の生活習慣や感じることを考え見つめ直す必要がある。単なる循環不全だけで考えるのではなく、どうして冷えを感じるのか理解することが症状を軽減させる近道にもなります。

栄養摂取・運動不足・動作の癖・姿勢・環境的なストレス・精神的なストレス・肉体的なストレス、など、冷えを増長させる、または原因になるキッカケなんて多岐に渡る。冷えは自律神経の働きにも大きく関わっています。自律神経が乱れる大きな原因の一つが『冷え』です。

構造的・生理学的にしっかり理解した方がいい。単純に姿勢だけを正せば冷えがなくなるはずもないが、1回目のワークショップで行った『立つ』ということにもリンクしています。というか、全部リンクしている。

今回のワークショップはそういったことも踏まえて、少しのお勉強とワークを中心に行いました。今回は子供たちも一緒に参加してくれて、楽しんでくれたらいいなぁって感じで進めていきました。お勉強の方は退屈だったろうけど、ワークは一緒に楽しめたかな(笑)

整体ワークは参加してくれた人が持ち帰って、身近な人にどんどん試して使ってもらいたい。これからもそこんとこはブレずにシェアできるものは、シェアしていきたいとおもっている。一回一回がとても勉強になるし、どんどん進化していきたい。経験することは大切。