ROOTS【自律神経失調症|産後の骨盤矯正|尼崎塚口の整体HARPO】

尼崎塚口の整体ハーポ/ 1月 13, 2017/ ハーポのこと/

クライアントさんとの会話の中でルーツというお題になりました。
人生には色々な場面・状況での「マイルーツ」があります。
僕の「整体」人生に関してのルーツ。『悔しい思いをしたあの言葉』です。

あるキッカケとタイミングで整体師になろうと決意したのですが
金もないし、コネもないし、情報もないし、業界の友達・知り合いもいない。
思いついたのは、お金を貯めること、どうせなら現場で働きながら学費を稼ぐこと。
求人広告に掲載されていた地元の接骨院へ何の知識も経験もない、ど素人が、いきなりアポ。
よくよく考えると、とても危険なことだし、雇ったほうも雇った方だ(笑)

IMG_3257

その接骨院は院長と僕の2人だけ。いわゆる下町の超地域密着型の接骨院。
来る人来る人、多くの人が何かしらの顔見知りで、知り合いという状況。
右も左もわからない業界での珍道中。僕は受付から器具の装着、時間の計算、
治療補佐、雑務を一人でこなすことに・・・保険のことなんて全く知らなかった。
毎日毎日、憂鬱でしたね、必ず何かしらで怒られていましたから・・・

ファンキーな地域でしたので、来る人もファンキーな人が多かった気がする(笑)
数分待たされただけで怒鳴り散らして帰る人、痛みを訴えてなぜか僕にキレる人、
腫れ上がった指を見せて、どうにかしろ!と凄んで来る人、がさつ過ぎる人、
僕の顔を見るだけであからさまに嫌な顔をする人、など思い出しながら書いていると、ムカムカしてくる・・・。

そんな環境の中、半年が過ぎ業務にも徐々に慣れてきた。
患者の名前もある程度覚え、時間帯も把握し、余裕もできてきました。
接骨院のマッサージも補佐的ですが、なんとかできるようになりました。
毎日指の激痛に耐えながら、これも修行だと思い同じマッサージと作業。
この業界はどこもこんな感じなのかなぁ、なんてたまに疑問に思いつつ。
それでも笑顔で話てくれる人が増えていくことに喜びを感じていた・・・。
と、思っていましたが、これは僕の大きな勘違いで勝手な妄想。
そんな気持ちとは裏腹に水面下では僕の悪評が広まっていた。
超地域密着型なので、患者さんは色々な場所で接骨院の噂話をする。
銭湯や病院、お茶する場などで、接骨院の話を流れるようにヒソヒソと。

ある日の昼休み、院長が僕に言いました。お前すごい評判悪いぞ、と。
あの若い子は下手くそだ、とかあの子だけには触られたくない、とか、
そんな噂が流れていたらしい。接骨院の評判も落としたに違いないし、ほんと申し訳なかった。
それを聞いた瞬間、悔しさと恥ずかしさと、情けなさに打ちのめされました(笑)

毎日、午後診の一発目に来院する90歳オーバーのおばあちゃんがいました。
僕が初めて施術した人なのでいまだ鮮明に覚えているし、なぜか、
毎日担当することになっていたので名前も顔も覚えている。無言で必死に施術していました。
そんな時、おばあちゃんからポロッと話しかけてくれました。

「あんた、うまなったぁ・・・」って。
これは僕の整体人生の中で忘れられない一言。
僕は何というか、恥ずかしいというか、気を遣わせたというか、
表現しづらい気持ちになってしまったことを覚えています。
噂を知っていたので、何とも言えないブルースな気持ちになりました。

もう辞めよう・・・おばあちゃんの一言で決めました。
これ以上ここにいても迷惑をかけるし、悪い噂が広まるのが怖かったし、
どの人がそれを言っていて、誰が知っているのか勘ぐってしまうし、
などなど、言い訳を並べてみるが、要するに逃げたかったのです・・・この場所から。
無力感と、情けなさと、自信消失感と、悔しさを感じて、そそくさと接骨院から逃げました。
これは整体の学校に入学する一年ほど前の話。
今考えると、まったくダメなやつでしたけど、それも僕なのだ。フハハ。

IMG_3256

その時に経験した甘酸っぱい気持ちが「今」へと繋がっていることは間違いない。
長々となりましたが、これが僕の整体師としてのルーツ。
一度、色々なマイルーツを深く探って考えてみると面白いですよ。
その時の感情が蘇り、あの時のあれのあれがあったから今があるなんて、
自己肯定や自己否定、あるいは初心、なんというかノスタルジーが溢れ出てきます。


塚口・武庫之荘・伊丹の整体
慢性肩こり・慢性腰痛・姿勢骨盤矯正・自律神経失調症のことなら
尼崎塚口の整体HARPO

住所:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1-4-2レオロイヤル塚口駅前104
TEL:06-7182-1741  完全予約制
日々のブログ:ハーポのブログ
予約状況などの専門ページ:こちら

toppage_parts10