五十肩について

50代を中心として中高年に見られる症状です。
一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?

肩が痛いから病院に行きます。
すると原因はわからないので、五十肩といわれることも多いそうです。

どんな症状なの?

症状としては腕が上がらない、動かすと痛い、ジッとしてても痛い、夜間痛がある。など。
とにかく肩関節を中心に痛み伴う症状です。結髪結滞動作が困難になるといわれます。
結髪結滞動作とは、髪を結ぶ動作やエプロンを結ぶ動作です。
肩の動きにかなりの可動域制限がみられます。

原因は何なの?

五十肩は退行性の疾患だといわれていますが
特に誘発の原因が分かっていないのが事実です。
ちゃんとした病名があります。『肩関節周囲炎』と言います。
肩関節の痛みと運動障害が認められる症候群と定義されています。

五十肩は基本、片側にだけに発症します。
特に五十肩は他の疾患との鑑別をしっかりしなくてはいけません。
肩の障害は、石灰性腱炎、絞扼性神経障害、腱断裂、回旋筋腱板炎、
内臓からの関連痛など沢山あります。ですので、
問診や整形外科検査などを用いて鑑別していきます。
あまりにもひどい痛みや夜間痛を何度も繰り返す場合には
病院でレントゲンを撮ってもらったり処置してもらうことも大切ですよ。

五十肩の動作の特徴として、腕を上げる途中には痛みはそんなにありません。
ある程度腕を上げて、『あ、これ以上上がらない!』
というように挙げた最終地点で痛みを伴うことが多いです。

肩関節は非常に複雑かつ精密な場所です。
たくさんの関節が存在していて、それらを固定する靭帯もあります。
肩を動かすため、守るための大きい筋肉から小さい筋肉までぎっしりです。
肩関節はとても自由度が高く様々な方向に動かすことができます。

ということは、その分不安定とも言えます。

五十肩だから肩だけにアプローチするわけではありません。
ここでもやはり全身の調整が必要になってきます。
痛みからバランスを崩し、ほとんどの方に歪みがみられます。
着目する点は本当に多いですが、それらをひとつひとつひも解いていき
回復へ向かっていくような環境を創ることが重要な作業だと思っています。

五十肩になると
痛みが出るために、痛くない範囲でしか動かさないようになります。
そうすると、たとえば痛みがなくなった時、可動域は狭くなって居ることが多いです。
ですから、遺体とは思いますが、できる範囲で動かす訓練も重要ですよ!

~注意~

ひどい夜間痛、きつい炎症、など
耐えられない痛みの場合、まずは病院での診断が必要です。